MENU

クラウドファンディングで命が救われたフィリピン講師の話


 

 

 

こんにちは、フィリピン起業家です。

鈴木光貴(ミッチー)
セブ島でフィリピン留学語学学校MBA、日本でマンツーマン英会話スクールSTART-UP ENGLISHを運営するユナイテッド・リグロース株式会社創業者兼CFO。フィリピン講師の教授力を世に拡めるために日々奮闘中。
 

 

 

今回は、当社のフィリピン法人で講師を務める一人の女性の話。

 

 

 

私のFacebook友達になっている方はご存知かもしれませんが、こちらの写真をご覧ください。

 

 

 

 

 

彼女の名前は、Rich Nemez(ニックネームはリッチ)

 

 

いつも通り元気に授業を行なっていたリッチですが、授業中に急に具合が悪くなり緊急入院することになりました。

 

 

 

検査の結果、なんと心臓に2つも穴が空いており、早急に手術が必要とのこと。

 

 

その手術金が70万ペソ(日本円で約150万円)とのこと。

 

 

 

皆さんは、フィリピンの一般的な月収をご存知でしょうか。

 

 

フィリピンの月収は、2〜3万円と言われています。

 

 

日本の約10分の1の収入しかないのです。

 

 

 

 

ゆえに150万円は1,500万円の手術をすると同じ感覚になります。

 

 

さらに心苦しいのが、フィリピンではその支払いがない限り何も手術をしてくれないのです。

 

 

交通事故にあって瀕死状態になった患者に対しても、まずは手術代が払えるかを聞くなどという話も聞いたことがあります。

 

 

 

彼女はシングルマザーで稼ぎは彼女だけ。

 

 

 

 

 

親戚中からお金を集めるも全額までには程遠いの現実でした。

 

 

 

そこで、彼女のお姉さんが急遽クラウドファンディングを開設。

 

https://www.gofundme.com/heart-operation-for-richell?fbclid=IwAR3SKu4d5a5oqyMJ6o4tuXTSIUEmdFWKpeu59caUg__QmuBJXpJW4chSZmA

 

 

 

<全文>

 

I am Garri Adrian Nablo. I am from Cebu City Philippines and I have created this campaign to help, my sister-in-law, Richell raise funds for her operation.

My sister-in-law, Richell, is a single mother and a teacher. She has been taking care of her daughter all by herself. She has made numerous sacrifices to make ends meet.

Right now she is battling a very rare heart condition: Ventricular Septal Defect and Valsalva Sinus Aneurysm. In short, she has two holes in her heart (one at the right and one at the upper middle part). Doctors said that her condition is only a pediatric case, the fact that she reached this age made it a rare case. And that for me is a miracle already. I am praying that the miracle continues.

We need approximately 600-700 thousand pesos (PHP) for her entire operation. 
Although she has a bit of money saved and have received some support from our relatives, unfortunately these are still not enough.

We’re currently asking help from charitable institutions (hospital’s charity, Champ & PCSO) but time is very crucial given her condition. We do not know when and if it will be granted. We are still far from the target amount but through God’s will and your help we will eventually reach this goal.

For transparency, gofundme currently does not include Philippines in its list of supported countries; this makes withdrawing an issue. To address this we asked the help of a family friend, Nene Arias Niere, to let us use her US bank account so that we can withdraw the money. She will wire the money to my wife’s, Stephanie Joy Nablo, account specifically created for this campaign. We created an account specifically for this because Richell‘s bank account is not currently setup to receive wire transfers from foreign banks.

I’m knocking on your kind hearts for a little bit of financial support for my sister-in-law’s operation.
May God bless you a thousand fold.

For those who have Philippine bank accounts you can wire your donations to these accounts:
BDO
Stephanie Joy Nemez Nablo
7440170048

BPI
Stephanie Joy Nemez Nablo
001359-9038-43

 

 

 

彼女のお姉さんの真っ直ぐな想いが伝わるメッセージもあって既にいくらか集まっていましたが、それでも全額には程遠い状態でした。

 

 

実は我々もこのクラウドファンディングが立ち上がった後に今回の深刻な状況を知りました。

 

 

 

我々としては会社としても個人としても支援することはもちろん、もっと多くの支援を募るためにFacebookで拡散することと支援をお願いすることでした。

 

 

 

 

 

 

そこから奇跡を目の当たりにしました。

 

 

 

たくさん方々がシェアしていただき、支援金も一気に増加いたしました。

 

 

10%も満ていなかった達成率が一気に目標達成に。

 

 

 

 

 

 

さらにシェア数は、891シェアにもなりました。

 

 

 

 

そして支援者の数は、159人にもなりました。

 

 

 

 

そして、多くが日本人の方であり、

オトナ留学MBAの卒業生からセブ島の仲間や日本の経営者仲間まで皆さんが何も言わずに支援して下さいました。

 

中には他の語学学校の経営者も支援して下さいました。

 

 

 

ここに皆さんの名前を転記させていただきます。

支援金額はなくお名前のみになります。

 

Tsuguo Yamada
Ryosuke Matsumoto
Mayuko Tanaka
daiju kato
Kazumichi Namiki
Takuji Nomura
Keita N
Keigo Netsu
John Takada
AKESHI IWAMOTO
Toshiyuki Kawano
Mutsumi Takahashi
Yuko Shibata
kenji maki
荻 雅和
Sookwang Cho
HIDEO MURAKAMI
Kaeko Ishiba
Haruna Mochizuki
Takashi Hama
Shunsuke Sato
Takanori Murahashi
Masayuki Harano
Atsuya Suzuki
Takaaki Jojima
Norihiro Satsukawa
SATSUKI MURAOKA
Mitsuyoshi Matsuo
Juneun Kim
AYAKO WARASHINA
tetsuro okamoto
Kenta Nakahira
kazuhiro omura
牧山 悟
Osamu Hashimoto
Saori Hirai
Tetsuma Nagasaki
chiharu kubo
Tadashi Kanda
JUN S
Ryo Fukuda
Shiina Aisaka
satoshi kitano
Yuichi Tsuru
Kim Shigenobu
Kinihiro Okamoto
Hideaki Kawamoto
nobuhiro maeda
Masaki Suguro
Yangsin Kim
Tomoyuki Ishihara
Fumikazu Momono
Hiroshi Shikanai
TATSUYA HYODO
kinya ito
Takuji Ikemoto
JIYOUNG BAEK
Yusuke Aoki
James k
Naoko Miyano
EMI OCHIAI
Kenta Awazu
risei yoshioka
MASAE KIKUCHI
Takeshi Kamo
Yang Son
masako arakawa
Tomonori Nishimura
Toshihiko Adachi
Ryuichi Kurihara
NAOYA TANAKA
Naotaka Nishiayama
Kosuke Tabuchi
Takako Tamura
NAOKAZU OKAMURA
Tomohiro Yamaura
Kensei Yamano
Saho Yoshie
GO MORITA
Shuntaro Ishiyama
Kan Ishii
Kei Onoda
Shoichi oguchi
Ryosuke Matsuyama
go yoshiwara
Toshinori Shigematsu
Takayuki Fujii
Kenji Miki
Harutaka Ogawa
Masamitsu Matsuzawa
Youngkyung Choi
Shun Hayakawa
Eiji Toyosawa
Ryuzaki Ko
Yoshihiro Hirata
Chisato Kunimoto
Yusuke Honda
Yosuke Fukada
masafumi shindo
Masahiro Nishimi
Yuki Aihara
Yoosa Sul
Tatsuya Yamaguchi
Hiroki Sato
Keisuke Yamato
inori yuuzi
Kazuma Fujiyama
Nanako Takehara
SUGIHARA TATSUJI
Kei Yoshida
Natsumi Dakeshita
DAISUKE MURAGISHI
Yuko Usui
Miku Suzuki
KANAKO DAKESHITA
Doki Yuichi
HIROSHI OTE
yoshihiro iwasaki
YUKO KISHI
Ayana Inori
Kazuhito Miyazaki
Otsuka Setsukin
Satoshi Morita
hiroki taguchi
Yumiko Tomita
Shinichi Anegawa
koki asakawa
Sisy Huang
Takeshi Miyata
Sumio Kanenobu
Kazuhiro Aoshima
Kentaro Yamada
T O
Yuki Sawano
Rhea Jeane Garza
Susan Acosta Cousar
Ai Pino
Hiroaki Horie
Sameera Fernando
Al Rosal
Vincent Paca
Rhoda Dejito
Elegio Sandigan
Rex Tumulak
Catherine Mae Herrera
Barry Bontilao
 
 
 
 
 
 
MBAの卒業生でも設立間もない時のお名前をチラホラあり、リッチのことを知らない人もきっとたくさんいらしたと思います。
 
 
 
 
本当にこの皆さんの温かみには感謝しかありません。
 
 
 
 
 
こちらは支援金が集まった時に、本人から是非みんなにお礼を言いたいということで病床ですがメッセージが送られてきました!
 
 
 

 
 
 
 
 
 
久々に笑顔が見れて本当に良かった。
 
 
 
 
 
 
実は、支援金が集まり、さぁ手術!!!と思いきや、セブの病院では困難な手術とあってそもそもオペすることができないとの事態になりました。
 
 
 
 
 

本人も手術出来ないなら寄付も全額返金したいと申し出る事態でしたが、それを救ったのは、絶対に諦めない妹の執念でした。

 

 

 

フィリピン中の病院に電話して、ついに心臓外科の名医に辿り着いたようです。

 

 

 

 

 

すぐにマニラ行きを決意し、名医に会った時には既に一刻を争う状況。すぐに手術の手続きが進められ、一命を取り留めました。まさに奇跡。

 

 

 

 

その話を病室で聞きながら、全員号泣。本当に助かってよかった!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
代表としてカズが術後のリッチに会いにマニラに飛びました。
 
 
 
 
 
 
 
 

Rich先生はこう言ったそうです。

 

この恩を返すために、私は先生として活躍して、いつか必ず日本行きの切符を手にして、皆さんに直接御礼を言いに行く。と。

 

 

 

 

 

娘さんも続けて、

 

私も将来お母さんみたいな先生になって日本に行きたいと。

 

 

 

 

 

そして、現在、彼女は立派に講師としてMBAに戻ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

オフィスで私を見つけるなり、笑顔で私に感謝を述べてきました。

 

 

そして、是非元気な顔をみんなにシェアして欲しいとのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

クラウドファンディングで大切な命が紡いだこと。

 

 

その奇跡にはたくさんの方々の温かい支援があったこと。

 

 

そして、彼女自身、元気に社会復帰できていること。

 

 

 

なんだか本当にドラマのワンシーンを見てるかのように彼女が笑顔で話しかけてくれた時、涙が出ました。

 

 

 

 

僕らの恩返しは、彼女の成長はもちろん、もっと会社やビジネスを大きくして、たくさんのフィリピン人が救えるようになる事だと思ってます!!!

 

 

 

 

これからも宜しくお願いします!!

 

 

 

 

    人気ランキングに参加中です。応援クリック頂いたら最高に嬉しいです。 にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ      


Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください