MENU

WAOJE(旧和僑会) ASEAN 大会 in セブ島 全行程公開(後編)


 

 

 

こんにちは、フィリピン起業家です。

鈴木光貴(ミッチー)
WAOJE セブの副支部長。海外起業家歴6年。本業はセブ島の語学学校MBAの経営。日本では英会話スクールSTART-UP ENGLISHを運営中。

 

 

今回は前編の続きであるWAOJE ASEAN大会の後半編になります。

 

前半編はこちら

WAOJE(旧和僑会) ASEAN 大会 in セブ島 全行程公開(前編)
そして、後半編ではASEAN大会、史上初となる伝説の夜となった大交流会を一挙ご紹介します!!

 

 

 

 

ASEAN大会の本来の目的には、主催国における勉強会がメインではあったため、午前・午後のセミナーが終わった時点で9割ほど終わりなのですが、僕らセブ島の起業家が主催するイベントです。本番はここからです。。。。

 

 

 

 

 

 

Day2 本祭 絶対真似できない大交流会

 

 

 

いよいよ始まる大交流会。

 

 

まずは明るいうちに地平線が見える海を背景に全員で記念撮影。

 

 

 

本祭の午前・午後の部担当スタッフは若干安堵な表情になっていましたが、本祭の大交流会担当スタッフは今から本番と熱が入っていました。

 

 

まずは大交流会を始める冒頭の挨拶は、我々WAOJE CEBUの立ち上げを全面的に支援いただいたWAOJE バンコクの谷田貝理事にお願いしました。

 

 

 

 

谷田貝さんは、何も分からない僕たちに丁寧にWAOJEの設立方法や法的なアドバイスなど、献身的に教えて頂きました。谷田貝さん無しでは、WAOJE セブは誕生していなかったのです。

 

 

いつもお茶目でみんなに愛されている谷田貝さん。

 

 

 

 

そして、1つ目の余興がスタート。

 

 

ん? 1つ目の余興??

 

 

そう、今回の大交流会。何と余興を6つも用意していたのです。

 

結婚式でも1つや2つが一般的ですが、ここはイベント大好きなセブ島起業家メンバー。

 

3つ4つではなく、6つも用意していたのです。

 

 

 

 

余興1 シヌログダンスショー

 

 

 

栄えある1つ目は、フィリピンの伝統的な踊りであるシヌログダンスショーを披露。

 

 

 

 

 

シヌログダンスとは、キリストの幼少期をお祝いするフィリピン最大の祭典、シヌログ祭りで踊られるダンスです。

フィリピン最大のシヌログ祭りが、年一回セブ島で開催され、なんと毎回400万人が参加すると言われる世界的にも有名な祭りになります。

 

 

 

 

年一回しか見れないダンスを贅沢にこのイベントのためだけにご用意しました。

 

 

 

 

派手な衣装に妖乱な踊りでイエスキリストを祝います。

 

 

 

 

 

 

 

参加者みんなが見とれている中、一番派手な一生の大男が混じって来ました。。。

 

 

 

 

 

そうです!!!

 

 

 

この派手な大男(2m巨人級)は、ライコーさんだったのです。

 

 

 

 

 

この日のために練習し過ぎたせいで、ダンスチームにも劣らないダンスで、始め参加者誰も気付きませんでした。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記念にWAOJE 本部代表理事の猪塚さんとド派手ライコーさん。

 

 

 

 

 

 

そう、支部長が率先して身体を張る。それがセブ島起業家メンバーの特徴です!

 

 

 

 

 

そして、乾杯の挨拶はこちらもWAOJEバンコクの理事である小田原さん。

 

 

 

小田原さんも僕らはWAOJEセブの立ち上げに大変ご尽力頂きました。小田原さんは日本人でありながらバンコクの人材派遣会社の最大手を担い、とても凄い人にも関わらず、ゼンゼン理解ができていない私達の誰よりも優しくて丁寧に教えて頂きました。

 

 

小田原さんが誰からも愛される理由が分かります。

 

 

そして、乾杯を終えてご歓談。

 

 

 

 

 

 

 

余興2 ジョリビー君参戦!

 

 

そして歓談間もなく、2つ目の余興が始まりました。

 

 

2つ目の余興は何と、フィリピンの国民的アイドルのジョリビー君の登場です!!!

 

 

 

 

フィリピン人からしたらあまりの衝撃に倒れてしまいます。

 

ジョリビー君をも呼んでしまうセブ島起業家チーム。もはや恐ろしいです。

 

 

 

 

ちなみにこのジョリビー君は、フィリピンのファーストフードのJollibeeのマスコットキャラクターなのです。

 

 

ジョリビーは、フィリピン人のソウルフードとして皆んなから親しまれており、あの世界NO.1のファーストフードMcDonaldが唯一世界で勝てなかったローカルフードが、このジョリビーなのです。

 

 

 

フィリピン人の誰に聞いてもMcDonaldよりもジョリビーが美味しいと言います。

 

 

 

そんなジョリビー君、実はキレキレなダンスを披露するのです。

 

 

 

日本で言うと、ガチャピンを想像して頂ければ分かると思いますが何でもできるのです。

 

こちらはジョリビー君ダンスの一部です。

 

 

 

 

隣でバタバタしているのは変なオジサンですね(笑)

 

 

 

 

 

 

皆んなと写真を撮るジョリビー君。

 

 

 

 

私も今日会った人シリーズでもご紹介させて頂きました。

 

 

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1739482559454956&set=a.219595961443631.54487.100001796875543&type=3&theater

 

 

 

なんか似てる。。。

 

 

 

 

 

その後、今回参加して頂いた方々のご紹介タイム。

 

 

 

 

 

各国の支部毎に前に出てきて一言ご挨拶頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

今回ご参加頂いた支部はこちらになります。

 

 

 

広島支部

岡山支部

マニラ支部

クアランプール支部

プノンペン支部

京都支部

シンガポール支部

沖縄支部

ヤンゴン支部

大阪支部

ゴールドコースト支部

東京支部

バンコク支部
中には10人以上で参加頂いた支部もあり、本当に有り難いことです!!

 

 

 

 

 

余興3 バンブーダンス

 

 

続いては3つめの余興としてバンブーダンスを披露。

 

 

 

 

こちらもフィリピンの伝統的な踊りで、2つの竹をリズムよく跨ぎ、見事な踊りを披露する遊び。

 

 

まずはお手本でフィリピン人スタッフたちが披露。

 

 

 

 

そして、せっかくなので参加者の中からも希望者を募ってのバンブーダンスチャレンジ!

 

 

 

見ていると簡単そうに見えますが、実際やってみると中々難しいものです。

 

 

失敗しても成功しても皆んなで笑顔になるとても素敵なダンス。

 

 

 

 

 

 

 

 

余興4 セブンスピリット音楽団

 

 

 

そしてそして、4つ目の余興が、ボランティア団体セブンスピリットの子ども達による音楽演奏。

 

 

セブンスピリットは、代表である田中宏明さんか立ち上げた団体です。

 

 

 

街中にいつもいるストリートチルドレン達は実は家もあって、ただお金がないから学校にも行けず、街中で物乞いしたり、何もしない毎日を送っているのです。

 

 

 

その現状を重く受け止めた田中さんは、この子供たちに夢を与えたいと考え、音楽を通じて子どもたちに毎日のやり甲斐、生き甲斐を与えることにしました。

 

 

 

子供たちが演奏する楽器は全て、皆んなからの寄付金になります。

 

 

 

 

初めて楽器を手にしたときの子供たちの笑顔。もっと上手くなりたいと思い、毎日練習する姿。そして、その練習成果をみんなの前で演奏する瞬間。

 

 

 

 

本当に誰一人間違いなく演奏される姿は何度見ても涙が出ます。

 

 

 

 

 

 

今回は、さらにセブンスピリットさんの活動が活性化されるようWAOJE CEBUにて募金も募らせていただきました。

 

 

 

 

募金ンズの4名。

 

 

一番背の高い人は、松本潤ではありません。

 

 

 

募金頂いたみなさま、本当に有難うございます!!!

 

 

 

 

余興5 ファイヤーダンスショー

 

 

 

 

さらに夜も深まった所で、セブファイヤーチームによるファイヤーダンスショーを披露しました。

 

 

 

 

 

こんなこともできるのも屋外ビーチだからこそ!

 

 

 

 

 

 

さすがにこちらは体験ファイヤーダンスはできませんね。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、あっという間の4時間にもなる大交流会も終わりに差し掛かりました。

 

 

 

 

 

 

そして、最後に締めの挨拶は、WAOJE セブの副支部長である早川さんが担当。

 

 

 

 

締めの挨拶のために暑い中ずっとスーツを着てきました。

 

 

早川さんは、実はつい先日、結婚式を上げたばかりでして、

 

 

 

 

 

この締めの挨拶も結婚式さながらのメッセージでした。

 

 

 

 

 

余興6 特大花火と泡パーティー

 

 

 

 

 

そして、最後にセブのメンバー全員が前に出てきて、掛け声で終わりしようとした瞬間と同時に。

 

 

特大花火が打ち上がり、左右からは泡が飛び出しました!!!

 

 

 

 

あ、あ、あ、ありえない!!!

 

 

 

どこの経営者セミナーで花火と泡を用意するのでしょうか。

 

 

 

花火も1発ではなく100連発ご用意しました!!

 

 

 

 

実は花火については私が主催しているセブ島のビーチパーティーでも毎回打ち上げているのですが、参加者が皆んなが喜んでくれるものなので、何度でもやりたくなります。

 

 

 

 

 

セブ島ビーチパーティーの様子はこちら

2017.10.7 第9回目セブ島ビーチパーティー!!大成功!!!

※10回目の記事を描き損ねていますが、次回、11回目は2018年10月6日(土)開催予定です。

前売りチケットのご希望は、私のfacebookまたinstagramにご連絡くださいませ。

 

 

 

 

そして、泡パーティーも皆んなが自然と笑顔になる余興の1つ。

 

 

 

泡に飛び込む人もいれば、泡を被る人もいます。みんな子供のようにはしゃぎます。

 

 

 

 

あら、こちらは髪の毛みたい!良かったよかった。

 

 

 

そんな大団円で終わった大交流会。

 

 

 

最後まで皆んなが笑顔で終えることができました。

 

 

 

本祭の二次会は、皆さん疲れて行かないかなと思っていましたが、見事ほとんどの方が参加され、今回のイベントの余韻に浸りながら会話とお酒を愉しみました。

 

 

 

 

 

 

Day3 カオハガン島ツアー

 

こちらは残念ながら私は体力の限界のため参加できないため、詳細をご紹介することができないのですが、カオハガン島ツアー担当理事からは、昨日の本祭の素晴らしさの感想で持ち切りの中、カオハガン島の豊かな暮らしを見てとても感動され、全員満足されていたとの事でした。

 

 

 

 

写真にて皆さんの満足度合いお伝えできればと思います。

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

過去にWAOJEセブで開催したカオハガン島のスタディーツアーを知りたい方はこちらをご覧ください。

 

【セブ島の魅力の話】ーVol.128「何もなくて豊かな島」カオハガン島でセブ和僑会合宿ー

 

 

 

 

今思うと、この勉強会をセブ島起業家メンバーでやった事が、僕らの結束を固めたのかもしれません。

 

 

 

 

今回のイベントを通じて僕らが伝えたかった事

 

 

 

 

如何でしたでしょうか?

 

 

 

 

文字にするだけでもこんな量になってしまうぐらい濃厚な3日間となりました。

 

 

 

今回のイベントは自分たちで言うのもおこがましいですが、間違いなく大成功したイベントだと思います。

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

このイベントの大成功した最大の理由は、

 

 

 

 

あの場にいた全員が一人も欠けずに自分の持ち場を精一杯に頑張った事にあります。

 

 

 

 

 

 

プロの司会でイベント全体をリードして頂いた植山さん。

 

 

 

 

 

誰よりも身体を張ったライコーさん。

 

 

 

 

 

本イベントを任して頂き、完全バック頂いたWAOJE本部の理事の皆さん。

 

 

 

 

ピックアップや会場の設営、当日のドリンク出しなど率先してやってくれたインターン生たち。

 

 

 

 

前夜祭担当、本祭担当、二次会担当、カオハガン島ツアー担当者、それを取り仕切った実行委員長。

 

 

 

 

 

 

表には見えなかったですが、Webでの集客やHPの運営担当者。

 

 

 

 

 

 

本イベントの全部のお金の流れを管理してくれている会計担当。

 

 

 

 

 

今回掲載させて頂いた写真を撮ってくれた撮影担当。

 

 

 

 

 

 

何よりも遠い都市からこのイベントに参加して頂いた各支部の方々。

 

 

 

 

一人でも欠けていたらこの成功はなかったです。

 

 

 

 

僕はいつもイベントって、ジグソーパズルにそっくりだなと思ってます。

 

 

 

 

 

 

それが100ピースなのか、1,000ピースなのか、1万ピースなのか。

 

 

 

イベントの大きさによってピース数は違ってきますが、どれも1つでも欠けたら完成しないものなのです。

 

 

 

 

一人でも1ピースを隠す人がいたら完成しないものなのです。

 

 

 

 

今回、関わった全員が自分たちの1ピースをしっかり自分の正しいパーツに収めたからこそ巨大ジグソーパズルが完成したのです。

 

 

 

 

 

 

本イベントを通じて僕らが伝えたかったのは、

 

 

 

 

この巨大ジグソーパズルを完成するために、全員が全力で持ち場を全うしてくれた“感謝”であり、この実績は決して誰一人者ではなく、皆んなで作り上げた“作品”なんだという事。

 

 

 

みんながそれぞれ誇っていい立派な作品です。

 

 

 

次回は、またみんなで集ってもっと大きなジグソーパズルにして、最高の最大の作品ができたらいいなと思ってます。

 

 

 

人は生まれ方は選べないけど、生き方は選べる。

 

 

 

 

これからも海外という舞台で熱く生きていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

終わり
 

【DMM公式オンラインサロン始めました!】

https://lounge.dmm.com/detail/464/

海外起業家や在住者と繋がりたい方、海外にチャレンジしたい方が集まるコミュニティサロンです。ブログでは書けない起業や海外の裏話も公開しています。

 

 

人気ランキングに参加中です。応援クリック頂いたら最高に嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

 

 

 


Leave a Reply