MENU

ドマゲッティ留学をバズらせろ!スタディーツアー!起業家たちの旅行と学びの祭典


こんにちは、フィリピン起業家です。

鈴木光貴(ミッチー)

セブ島で社会人限定の語学学校”オトナ留学MBA”、日本でフィリピン講師が教える英会話スクールSTART-UP ENGLISH、バリ島でバリ島留学学校バリバリイングリッシュを経営するいわゆる学校経営オタク。

 

 

日本人だけが知らない都市ドゥマゲッティ??

 

 

今回、私はフィリピン・セブ島の南に位置するドゥマゲテ(ドゥマゲッティ)という都市であるイベントをしました。

 

 

元々のキッカケは、先月私がここドゥマゲッティ留学を手掛けるSPEA(スターティング・ポイント・イングリッシュ・アカデミー)さんにご招待いただき、ここドゥマゲッティを訪れた所から始まります。

 

 

前回の記事はこちら

ドゥマゲッティに訪れました。

 

 

私もセブ島歴5年超になりますが、実はこのドゥマゲテについては、名前は聞いたことある程度でどこにあるかも分からずいました。実は日本人だけが知らない素敵な所だったのです。
 

 

ドゥマゲテの場所

 

フィリピンは7,000以上の島からなりますが、ここドゥマゲテはネグロス島というセブ島のお隣にある大きな島の一つの都市になります。

 

 

セブ(マクタン)空港から飛行機で40分で行ける距離で、飛行機はセブ島からLCCであるセブパシフィック航空にて、一日2便運行されています。

 

 

航空券も4,000円程度で安く、外国人に限らずフィリピン人達も、ドゥマゲテからセブ島に買い物をしに行ったり、セブ島からも観光目的にドゥマゲテに訪れるぐらい身近な場所になります。

 

 

陸路の場合は、セブ市内から早朝に出発すれば大凡3時間半でジンベイザメが見れるオスロブの先にあるリロアンポートに着き、そこからフェリーで40分ほどでドゥマゲティの港に着きます。

 

 


 

 

ドゥマゲッティの魅力とは

 

 

実は日本人が知らないだけで、世界が認めているドゥマゲッティという都市。それを裏付けるのが、Forbs(フォーブス)が選んだ「リタイア後に移住したい都市ランキング」でなんと5位になっている都市なのです。

 

 

実際に街を散策しても、レストランやカフェに必ずと言っていいほど欧米人がいます。白人が乗り馴れたバイクでブーンって走っているのを見るのもドゥマゲッティ ならでは。

 

 

街はヨーロッパの田舎にありそうな街並みで、フィリピンにいながらヨーロッパの空気感を味わうことができます。

 

 

 

 

 

 

また、ドゥマゲッティの周りには、手付かずの神秘の島”シキホル島”やジンベイザメが見れる”オスロブ”、ダイビングのメッカ”スミロン島”まで、船で30~45分程度でいけることから、観光名所のハブ(基地)としての存在感もあります。

 

 

 

 
 

 

ドゥマゲッティでスタディーツアー??

 

 

日本人に知られていない一つの理由に、情報がどれも英語と言うことがありました。実際にドゥマゲッティ留学や観光で来ている人は、情報感度が高い人たちであり、より深くドゥマゲッティを知るには英語サイトでの検索が必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

そこで私が考えたのが、セブ島の仲間たちにドゥマゲッティに来て、ドゥマゲテを体験してもらい、その魅力をみんなで発信してもらおうと言うことでした。

 

 

 

 

 

いいことを思い付いたらすぐ行動の私は、その場でバナーを作って、ツアーのコンテンツやスケジュールの骨組みも決めました。

 

 

 

 

そして、今回滞在先の宿舎ならびにスタディーツアーの会場をドゥマゲッティ留学のSPEAさんにお借りしました。

 

 

 

 

 

セブ島の仲間は全員自分でビジネスをしている起業家たちなので、ただの観光ツアーではなく、自分たちがドゥマゲッティの学校オーナーになった設定で起業家同士で議論し合ったら、面白い発見ができるのではないかと思い、ビジネス目線でのコンテンツも充実させました。

 

 


 

  

 

遊ぶときは遊ぶオトナの修学旅行

 

 

 

仲のいい友達同士の旅行はたまにあったりするけれど、こうした10名ほどの旅行は、修学旅行以来でした。しかも済み慣れたフィリピン国内ではありますが、一応海外旅行でもあります。

 

 

 

 

 

 

みんなでジプニー(乗合バス)を貸し切って、街を移動したり。(ちなみに100ペソ(約200円)で一台貸しきれました。)

 

 

 

 

 

自然が溢れる山の上に行ったり

 

 

 

 

バイクでツーリングしたり

 

 

 

 

また今回のツアーを耳にしたドゥマゲッティ歴17年となるダイビングショップのオーナー新さんから直接コンタクト頂き、無料でツアーガイドもして頂きました。

 

 

 

 

新さんの車で30分ほどの所に湧き出る天然温泉に連れてって頂きました。

 

 

 

 

食事もみんなでするからいつだってワイワイ。

 

 

 

 

また、過去も未来も100%当たる占い師の方がドゥマゲッティにいるというのも有名な話です。ドゥマゲッティ留学のSPEAオーナーの松岡さんが親しいと言うこともあって、普段なかなか会えることができないのですが、私たちの滞在先である学校に出張で来て頂きました。

 

 

 

 

メンバーそれぞれ占ってもらいました。

 

 

 

私も過去や今のことをドンピシャで当てられて、そこからは将来の占いは受け入れるしかなかったです。(ちなみに、仕事の事や家族のこと、私や周りの健康のことを占って頂きました。かなりニヤケてしまう未来もあれば、契約書関係を理解せずにサインしたら大きなトラブルが起きる。特に25歳の奴が騙しに近づいてくる。とまで言われました。)

 

 

 

 

 

 

こちらはドゥマゲッティのクラブ。

 

ドゥマゲッティにはクラブは一つしかなく、”WHY NOT”と言う名前になります。ちなみにWHY NOTは、直訳すると「なぜしない?」となりますが、「もちろん!」って言い方で使われます。

 

 

 

 

みんなでクラブ体験もしました!

エントランスは、80ペソ(約160円)でワンドリンク付いてくると何とも良心的なお店。

中もやはり欧米人だらけで、クラブの中にビリヤード場があったり、作りもヨーロッパのクラブと似ていました。

 


 

 
 

 
 

 

ドゥマゲッティを「バズらせろ!」青空プレゼン大会

 

 

今回は、男性4名女性3名の7名だったこともあり、2チームに分けてドゥマゲッティの魅力をプレゼンして頂きました。

 

 

そして、3名の審査員の方にご協力いただき、どちらのアイディアや発見が良かったか審査してもらいました。

 

 

チームは、フィリピンの特産物である果物からちなんで、マンゴーチームとバナナチームに分けました。

 

 

こちらが、マンゴーチーム。

 

 

 

セブ島で日本人経営唯一のTATOOショップSUPERNOVAのオーナーマイクさん。

 

 

 

マイクさんは、DJスクールも経営しており、先日のセブ島ビーチパーティーでは、ゲストDJとして参戦して頂き、会場を大きく盛り上げて頂きました。

 

 

 

 

 

セブ島でタダ留学なるビジネスでコールセンターと語学学校KOREKURUを経営するワタ君(渡部祐介)。

 

彼も20代で日本とセブ島で起業して、セブ島経営者集団の顔役でもあります。

 

 

それぞれが発表をパートを分け、数あるキャッチフレーズやアイディアを出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一方が、バナナチーム

 

 

 

こちらは、セブ島でIT留学を起業したKredoの代表、タケ君(横田猛夫)。

 

彼も20代でセブ島で起業し、IT留学という今までにないアイディアで語学学校を経営しています。

 

彼自身の成功体験やこれから市場を考えたアイディアなど考えはとても共感できました。

 

 

 

 

こちらは、セブ島でお洒落なイタリアンレストランALICE GARDEN(アリスガーデン)を経営するしんちゃん(武石慎二郎)。

 

彼は、セブ島で綺麗になりたいフィリピン人向けのコスメ開発なども手掛け、今やセブ島で年商10億円以上のやり手経営者となります。

 

こちらのチームもそれぞれがアイディアを持ち寄り、斬新のビジネスモデルを披露しました。

 

 

 

 

 

 

 

二つのビジネスモデルが出たところで、審査員3名による審査が行われました。

 

 

 

 

 

今回の審査のポイントとしては、

1. 独創性
2. 実現可能性
3. 収益性

の三つの観点から審査いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

議論し合う審査員の3名。

 

 

審査員の3名は、SPEAの代表松岡さん、ダイビングショップのオーナー新(あたらし)さん、そして、元ライザップイングリッシュの取締役でマーケティングコンサルティングのヨッシー(吉田和史)。

 

 

 

 

これだけビッシリ、メモがある所を見ても、各チームのアイディアの濃密さが伺えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表はSPEAのオーナー松岡さんから。

 

 

 

 

 

 

松岡さんは、2014年にこのドゥマゲッティに一人降り立った時に、豊かな自然が残るこの地でビジネスすることを思い立ちました。

 

 

ドゥマゲッティは、日本人が知らないだけで世界的に有名な都市であり、この魅力をもっと多くの人に伝えたい、体験してほしい。そんな想いから、ドゥマゲッティ初の語学学校を設立し、新たな留学市場やフィリピン講師の雇用創出をされました。

 

 

そんな松岡さんが、今回のドゥマゲッティスタディーツアーの開催をとても喜んで頂き、宿舎やツアーまで同行頂きました。

 

 

大好きなドゥマゲッティがもっと多くの人に知ってほしい。今回みんなが来てくれたことが本当に嬉しい。

 

 

ビジネスを真剣にやられているからこそ内から出る本音は、私自身も今回開催をして本当に良かったなと。

 

 

 

 

 

そして、優勝チームは、マイク・ワタ率いるマンゴーチーム

 

 

 

 

 

彼らは、ドゥマゲッティに初めて訪れたからこそ感じた客観的な立場で新たなビジネスモデルにアプローチしました。

 

 

 

 

今回のアイディアは、まさに今からでもドゥマゲッティでできるビジネスなので、ここでは開示できませんが、それぞれがセブ島で起業しているからこそ、たった二日間で導き出されたものとなります。

 

 

 

青空プレゼンの様子はこちら


 

 
 

 

今回のスタディーツアーで学んだこと

 

 

 

このツアーは、私にとっても大きな学びがあった二日間でした。

 

 

私も5年セブ島に住んでいたにも関わらず、こんな素敵な街が近くにあったことを知らずにいたこと。また、セブ島の起業仲間たちが私のこんな無茶にも快く付き合ってくれて、そして、たくさんのアイディア(財産)をドゥマゲッティに残してくれました。

 

 

いつだって助けを求めたら助けている仲間がいる。それが私がセブ島で手に入れたとてもとても大切な財産なんだと改めて思うことができました。

 

 

今回のツアーで色々な課題も発見できたので、すぐにでも改善して次回はさらに皆んなが楽しめるようなツアーを開催したいと思います。

 

 

 

毎日がイベントである人生を、これから走り続けます。

 

 

 

 

 

終わり

 

 

 

 

 

【DMM公式オンラインサロン始めました!】

https://lounge.dmm.com/detail/464/

海外起業家や在住者と繋がりたい方、海外にチャレンジしたい方が集まるコミュニティサロンです。ブログでは書けない起業や海外の裏話も公開しています。

人気ランキングに参加中です。応援クリック頂いたら最高に嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ


Leave a Reply