MENU

我が社のコアバリュー!!私たちが大切にしていること。その1。


 

 

こんにちは!フィリピン起業家ことミッチーです。

鈴木光貴(ミッチー)
セブ島で最もイケてる会社ユナイテッド・リグロース(株)の創業者。会社とは何か?働くとは何か?を日々研究中。働く科学研究者。

 

 

 

私たちが会社経営で大切にしているのは、会社の存在意義であり理念となるミッションと、そのミッションを達成するための目標や方向性を示すビジョンです。これらは会社組織として大切なことであり、そこで働く者として個人個人が日頃から大切に持つべき価値観、それがバリューです。

 

 

今回はそのバリューについてのお話。

 

 

私たちは、それらをコアバリューと名付けました。

 

 

The URG Core Values

 

 

日本人スタッフはもちろん、フィリピン人講師や普段裏方で働く清掃スタッフも皆んなが常日頃から大切に持つものとして全体会議やイベントの度に口酸っぱく言っています。

 

 

 

 

 

我が社のコアバリューは、3つ!!!。

 

 

GO BEYOND

(ゴービヨンド)

 

BE GRATEFUL

(ビーグレイトフル)

 

WE ARE ONE

(ウィーアーワン)

 

 

です。

 

 

 

 

 

弊社の半分以上(と言うより9割)は、外国人国籍のグローバル企業なのでバリューも英語にしました!!

 

 

 

それぞれを一つ一つ説明したいのですが、ボリュームがあり過ぎるので今回は真ん中のBE GRATEFULについて。

 

 

 

「BE GRATEFUL」、直訳すると「感謝する」ですが、実はこの言葉に辿り着くまで相当数の議論とフィリピン講師達からのヒアリングを行いました。

 

 

「感謝する」と言えば、僕ら日本人の感覚だと始めに「APPRECIATE」が思いつきますし、感謝の言葉を表す「ありがとう!」の英語は?って聞かれたら真っ先に出るのが「THANK YOU」です。

 

 

同じ「感謝する」と言う意味なら、簡単に思い出せたり書けたりする「THANK YOU」がいいのでは?と思ったりしたのですが、我が校のフィリピン講師たちに聞いたら、どうやらニュアンスや意味が違ったりするようでした。

 

 

僕らが毎日でも使っている「THANK YOU」は、感謝と言うよりはまさに「ありがとう!」って意味が大半で、単純な”言葉”として使われています。

 

・物を取ってくれてありがとう!

・報告してくれてありがとう!

・タクシー運転手に送ってくれてありがとう!

 

と今日1日だけでも何十回も使っている言葉です。

 

 

では、「APPRECIATE」は?

 

と聞いてみたら、「APPRECIATE」「THANK YOU」よりももう少し深く感謝するニュアンスであり、まず先に人から何かをしてもらった受動的なことに対する感謝の気持ちになります。

 

 

「THANK YOU」言葉なら、「APPRECIATE」が(受動的な)気持ちになります。

 

 

では、「BE GRATEFUL」は??

 

 

それは”(受動的な)感謝の気持ち””言葉”だけでなく、もっと深い自立した「感謝する」の意味が込められており、日本語で漢字にすると「有難い」のニュアンスに近いです。

 

 

感謝は「謝る事をじると書きますが、有難いは「有る事がしいと書きます。

 

 

 

日本人の特性上、誰かに何かをしてもらったら、申し訳ないな〜って気持ちから感謝することが多かったりしますが、「BE GRATEFUL(有難い)」は、もっと能動的にその存在自体に「有難い」と思うことです。

 

 

 

これは私も日常生活で心掛けていることだったので、バチっとハマりました!!

 

 

最近何かをされた訳ではないけど、常日頃から、

 

・両親に産んでくれて有難う

・スタッフにいくてくれて有難う

・周りの仲間が支えてくれて有難う

・共同経営者に有難う
ありがとう!ありがとう!って言葉で言うけど、実際は全然感謝していない人もよくいますし、相手が何かをしないとその人の存在自体を有難いと思わない人も多いです。

 

 

 

僕らの考える「感謝する」は、自らが自立してその事実や存在に「有難い」と感じ、さらにその「有難い」事に対して、”形に表現する”ことです。

 

 

実際にフィリピン講師達に上記説明をした後に、

 

MBAの生徒さんの存在に感謝していますか?あなたのBE GRATEFUL(感謝を形にする)はどう表現しますか?」

 

って質問を投げかけたら、

 

「高いレベルや品質のある授業を提供すること」

「留学金よりも価値あるものを提供すること」

「何よりも喜んでもらうこと」

 

などなど、まさに期待していた事を即座に応えてくれました。

 

 

まさにこれは僕らのビジネスをする上でのマインドであり、バリューであります。これは従業員だけが持てばいいのかと言えば勿論違って、経営者である僕らも持つべきバリューなのです。

 

 

 

では、僕らのフィリピン講師達の存在に自ら「有難い」と思い、「BE GRATEFUL(感謝を形にする)」はどう表現するか。

 

我が社で働いてくれていること自体、有難いことだなって思いを込めて給料と言う対価を払うことは勿論、僕らは独自のアワードシステム(報奨制度)を作っており、優秀賞や高いパフォーマンスをした講師達には、給料とは別で報酬を渡し、表彰することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに僕らの「BE GRATEFUL」はこれに留まらず、フィリピン人にとっての夢である日本へのチケットも渡しています。

 

 

 

 

 

 

 

これは僕らが彼女達の存在に本当に感謝している現れであり、これをどう表現するかを考えた結果でもあります。

 

 

 

この「BE GRATEFUL」を表現したことで思わぬ副産物が出てきたのが、「MBA生徒や卒業生がもっとたくさんのフィリピン講師を日本に連れてきて欲しい。」「日本で彼女達から英語を教わりたい。」と言ったニーズが表面化されたことでした。

 

 

そして出来たのが、日本でフィリピン講師とマンツーマンレッスンができる英会話スクール「START UP ENGLISH」の誕生です。

 

 

 

 

 

日本で働いている彼女達の笑顔を見ると本当にやって良かったと思えます。

 

 

START-UP ENGLISHのフィリピン講師たち。ここから去年また3名増えました。

 

 

 

 

長くなりましたが、

僕らが大切しているコアバリューの一つ「BE GRATEFUL」はこんな想いで定義しました。

 

 

感謝は、言葉や受動的に感じるだけでなく、その存在を有難いと思い、形に表現するもの。

 

いい言葉です。

 

 

 

こんなコアバリューを持って、一緒に僕らと働きたいと思った方がいたら是非お問い合わせください。僕らは能力や英語力よりも、その人がどんな想いや価値観でビジネスと向き合っているのか、人と付き合っているのかを見ます。完璧な人はいませんが、このバリューに共鳴できるところが一つでもあったら、下記ページを覗き込んで見てください。

 

 

採用情報(Recruit)

 

 

あなたの挑戦をお待ちしてます。

 

 

 

 

【DMM公式オンラインサロン始めました!】

https://lounge.dmm.com/detail/464/

海外起業家や在住者と繋がりたい方、海外にチャレンジしたい方が集まるコミュニティサロンです。ブログでは書けない起業や海外の裏話も公開しています。

 

 

人気ランキングに参加中です。応援クリック頂いたら最高に嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

 

 

 


Leave a Reply