MENU

士業とエイゴ


今日はこちらフィリピン現地の会計士と、弁護士とで立て続けにミーティングしました。
基本的に士業の人達は、英語が早い。
というより早すぎる。。。
そして、専門用語のせいか一つ一つの単語が長い気がする。
どれも聞き逃すわけにはいかず、聞くのに必死になる一方、こちら側の要望も伝えなければならないので、全て必死。。。
ただ、フィリピン人のいいところは、
英語を第二公用語として使っているので、英語は学校教育の中で覚えているというところ。
実は日本と一緒なんです。
なので、彼らも日本人の僕らが分からないところが分かっている。伝えたいところを理解してくれてるんです。
のはず。
けど、やはりニュアンスも含め伝えるには日々勉強と思った次第でした。
写真はクライアントの都合上NGということだったので自分の部屋にある絵画の写真でも。
一体何を意味していて、いくらするのかも分からないです。


Leave a Reply