MENU

クリスマスプレゼントは自分へのご褒美


生まれての異国の地のmomi2*キラキラクリスマスmomi2*キラキラ

ワクワク、ドキドキしながら迎えてみましたが、

なんてことはない。。

爆竹と花火がバンバンうるさいだけである。

あちらこちらで爆音で流れてくるダンスミュージック。

思わず体が動いてしまうので、スピードラーニングを爆音で聞いて仕事に励む。

『ん?』 今の訳し方、ちょっと違うのでは?

と思ったりして、英語を覚えた優越感に浸るが、大した差ではない。 

『あたな』の二人称を『君』と訳すぐらい。。。

こんなはずじゃぁーーー。と思い、

頭を掻きむしってるとKazuが置いていった本が目に付いた。

『現実を視よ』 ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長 柳井 正

【送料無料】現実を視よ [ 柳井正 ]
価格:1,575円(税込、送料別)

思わずクリスマスイブという現実を忘れて、没頭する。

実に面白い。

まさに僕らが創業前に3人で語り合っていた事が書かれている。

具体的な数値と根拠、そして柳井会長、ユニクロの経験談が書かれているので説得力が違う。
特に、政治(家)に対して真っ向に意見を述べているところは痛快。

一方で現実を直視することで大きな不安を抱える。
けどその不安を解消するには、国民一人ひとりと記されている。

誰かに頼っても解決しない。国を代表している政治家なんて特に。

今こそ、各々の意思を持って実行に移す時がきた。

さぁ、若者よ。 その恋人の手を一旦離して、今こそ平成革命に向けて動き出そう。

これは、嫉妬ではない。

jealousyだ。

終わり。

さて仕事しよう。

今こそ現実を視て、いざ海外へ


Leave a Reply