MENU

【セブ島繋がりの日本の仲間の話】ーVol.33 元カロリーインターン 三浦礼央 ー


 

全世界における雇用形態に全く新しいカテゴリーを作ったのがカロリーインターンこと三浦礼央君。

 

 

「飯を1日5食食べれれば人間生きていける」だから働いた分だけ飯を食わせてもらえれば死ぬ気で働くばい。そう言って我が社に訪れたのが1年ちょっと前。それから身を粉にしてセブ島で働いた9ヶ月間。

 

 

彼の魅力は見た目に似合わず、フットワークの軽さと業務のスリム化を常に意識していたところ。一人三役を演じ、生徒さん向けに真面目にオリエンしたら、ギラギラの営業マンで顧客獲得し、夜は盛り上げ役の宴会部長。打ってよし、投げてよし、走ってよしの三拍子揃った大学生が他に居ただろうか。

 

 

そんな彼が就職悩んでると言うから、日本に居られない私に変わって日本のたくさんの仲間に協力してもらってOB訪問させてもらいました。(その節は皆んな大変お世話になりました。)そのお陰もあって現在誰もが知る大手企業に内定を数社もらってるとのこと。我が社インターンは全員優秀な道に行く説がさらに確立しました。めでたい。

 

 

レオ!

マジおめでとう!!レオを選んだ企業(人事担当)が逆に優秀と褒めてあげたいくらいだよ。就活はただのお受験!これからどんな人財になって、社会にどんなインパクトを与えていくか楽しみだよな。一緒に世の中変えて行こうぜ!

 

 

 

面白かったら応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

 

 

Twitterアカウントはこちら↓

フィリピン起業家(鈴木光貴)

favicon

 

Facebookアカウントはこちら↓

100001796875543.1763.230955730

 


Leave a Reply