MENU

親孝行との付き合い方



2014-12-12 22.10.18

サラリーマン時代、
今まで世話してくれた分のお金を給料で両親に返すことが親孝行だと思っていた。

滅多に実家にも帰らず、
毎月の給料日に「いつもありがとう。」のメールが唯一のコミュニケーションだった。

海外起業をするためにフィリピン留学を決断した日。

今後、
収入がどうなるかも分からないため、
新卒から続けてきた唯一の親孝行をストップすることを親に伝えた。

母親からは「むしろ今までありがとう。」との一言だった。

情けない。と思った。

もうこれ以上迷惑をかけれないと思った。

しかし、振込をやめてからの方が親に頼ることばかりだった。

会社設立の際に、
自分は海外にいた為に
印鑑やら通帳、住民票などの手配を全部やってくれた。

母親がいなかったら
ユナイテッドリグロースが誕生してなかったかもしれない(笑)

迷惑をかけるのが親孝行。
親との時間をたくさん持つのが親孝行。
元気な姿を魅せるのが親孝行。
贅沢をさせるのが親孝行。

って色んな親孝行があるけど、
その時の状況で出来ること出来ないことがある事を知った。

だから1番大事な親孝行は、

“もっと長生きしたい”

って思わせること何だろうなって思う。

子供の成長が見たいから。
同じ時間を一緒に過ごしたいから。
美味しいものが食べれるから。
変わる世の中をもっと見たいから。
何だっていい。

介護が大変だから迷惑かけずに
死にたいなんて思わせたらいけない。

どんな困難や苦難があっても一緒に乗り越えて、
1日でも長く生きたい。

そう思ってもらえるように
僕らは全力で生きなければならないし、
輝かないといけない。

ブログでお茶目な事を書くのも、
こんなに楽しい仲間と元気にやってるよ!って、
facebookをやってない両親への僕からのメッセージでもあったりする。

今日からセブ島に戻り、
気持ちを新たに頑張ろうと思います!!

※今回のディナーは贅沢もできないので、
長男が働く”お好み焼き 道とん堀”の社割券をもらい3人で行ってきました。

洋服に染み込んだお好み焼きの匂いが
この日を思い出してくれるから
しばらく洗わないでおこうと思います(笑)

2014-12-12 21.38.32

Twitterアカウントはこちら↓

フィリピン起業家(鈴木光貴)

favicon

 

Facebookアカウントはこちら↓

100001796875543.1763.230955730

人気ブログランキングに参加中

 

セブ島ブログランキングに参加中

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ


Leave a Reply